京都国立博物館 海北友松展

戦国京都
05 /21 2017
先週に引き続き、展示会ネタです。
京都国立博物館でやっている「海北友松展」に行ってきました。

IMG_1394.jpg

「開館120周年記念特別展覧会」というだけあって、すごく力の入った展覧会でした。

京都国立博物館では、よく常設展示を一部残した形で、特別展示を行いますが、今回は1Fの仏像エリア以外のすべてのスペースを本展に使用していました。
それだけに見応えも十分。

狩野一門だった初期の作品から、晩年の作品まで、変遷をたどる形で進んでいきます。
作風の変化も興味深く観られます。

友松の交友関係についても触れられ、本能寺の変時の有名な斎藤利三の首を奪ったエピソードも紹介されています。
石谷家文書から空然宛斎藤利三書状も展示されていました。

特に見どころは後半、1Fエリアです。

雲龍づくしの部屋。
ゆったりとした表情の龍や、怒れる龍など、表情の微妙な違いも楽しいのですが、その背景もまた素晴らしい。
怒れる表情の龍図では、墨が垂れた跡が荒々しい雰囲気を感じました。

そして最後が「月下渓流図屏風」
まさに空間と滲みの極致。
静かな情景が素晴らしすぎます。

最後の2部屋は、照明を落とす演出が憎いですね。

IMG_1397.jpg

絵は素人ですが、本当に素晴らしかった。
会場を出てしばらく、頭の中はモノトーンでした。

残念ながら、本日までです。こんな展示会はしばらくないだろうなあ・・・・
海北友松
スポンサーサイト

信長のプロフィール

戦国近江
05 /14 2017
今、安土城考古博物館で「信長のプロフィール」という展示会をやっています。

http://azuchi-museum.or.jp/special-kikaku/5206.html

IMG_1167.jpg

今日は東大史料編纂所の金子拓氏の講演です。
仕事で半分あきらめていたのですが、なんとか行けることになったので、行ってきました。
去年の谷口氏の講演は超満員で、会場に入れないという事態にはまったので、今回は学習して、
少し早めに会場に入りました。

内容は、信長は本当に天下統一を目指したのか、というもので、最新の研究成果を踏まえ、説得力のあるものでした。
花押の件は面白かったですね。

展示については、信長一族の肖像画や、書状など、興味深いものが多数展示されてました。
織田敏定、隻眼だったんですね。知りませんでした。

信長のプロフィール

6月4日までです。
興味のある方はぜひ。

琵琶湖船奉行 芦浦観音寺

戦国近江
05 /06 2017
芦浦観音寺、草津市の北端、守山市との境にある古刹です。
IMG_0540.jpg

前面は水堀に囲まれています。
IMG_0546.jpg

そして虎口のような参道
IMG_6575.jpg

まるで城です
IMG_6577.jpg

IMG_6576.jpg

それもそのはずで、戦国時代には信長や秀吉から庇護を受け、「船奉行」に任じられています。

この芦浦観音寺、通常は公開されていないのですが、年に数日、春と秋に一般公開されます。
IMG_0551.jpg

中は落ち着いた感じです
IMG_0559.jpg

阿弥陀堂、重要文化財です。
IMG_0569.jpg

同じく重文の書院
IMG_0576.jpg

周囲は土塁に囲まれています
秀吉から船奉行に任じられるだけに、勢力を誇っていたのでしょう。
IMG_0591.jpg

IMG_0583.jpg


土豪の平城、といってもおかしくないような造りの芦浦観音寺でした。

寺町通り 天寧寺

戦国京都
04 /29 2017
十念寺から寺町通りを北上すると、天寧寺があります。

ここの山門は「額縁門」と言われています。
IMG_9610.jpg

この辺りの寺は、山門をくぐると正面に本堂があります。が、ここの本堂は山門をくぐって左側にあります。
そして山門の先には比叡山が望めるのです。
これが「額縁門」、こういう借景は他にはありませんね。素晴らしいアイデアです。

庭も小さいながら美しくまとまっています。
IMG_9613.jpg

IMG_9616.jpg


ここには茶人大名として有名な金森宗和の墓があります。
IMG_9619.jpg

右側が宗和の墓、左が正室の墓で、仲良く並んでいます。

ここには予想外のものがありました。
明智光秀報恩塔です。
IMG_9617.jpg

全然予備知識がなかったので驚きました。

信長の菩提寺、阿弥陀寺のすぐ近くで、光秀を秘かに祀っていたお寺があるとは・・・・
不思議な感じがします。

十念寺 医家ゆかりの寺

戦国京都
04 /22 2017
今回紹介するのは、寺町通りにある十念寺です。

IMG_9578.jpg

門をくぐると、モダンな建物が目に入ります。

IMG_9580.jpg

この本堂、どこかで見たことがあるような気がしたのですが、説明看板を見て納得です。
大阪天王寺の一心寺でした。あそこの住職の設計だそうです。

寺町通りではちょっと違和感を感じる建物です。

ここは医家の施薬院全宗や曲直瀬道三の墓所でもあります。

曲直瀬通三の顕彰碑です。
IMG_9582.jpg

これが曲直瀬道三の墓です。

IMG_9588.jpg

そしてこれが施薬院全宗の廟。
IMG_9586.jpg

本堂はモダンですが、墓所はやはり普通の落ち着いた感じです。
さほど大きくないお寺ですが、現代と過去がつながる不思議な雰囲気の十念寺でした。

湖西堂

湖国近江(滋賀県)の湖西に住むイチ歴史ファン。戦国時代、特に織田信長に惹かれます。最近のマイブームは史蹟巡りです。京都や滋賀は史蹟の宝庫ですね。

興味のあること
主に織田信長と戦国時代。ちょっとだけ坂本龍馬と幕末維新。